押入れからクローゼットにして収納上手に


いつまでこの猛暑日は続くのでしょうか・・・

Web担当の四宮です。

今回は、クローゼットの収納方法についてご紹介します。

現在の住宅は洋室が増えていて、収納スペースというとクローゼットを使っているお宅が多いのではないでしょうか?

最近では押入れからクローゼットにリフォームする方も増えています。

クローゼットにすることで衣類をなかに掛けることができ可動棚を設ければ日用品も収納することができて便利ですよね。

ただ、何も考えずに収納していくと無駄なスペースができてしまって後々困ります。


クローゼット収納
無垢パインのドアがおしゃれなクローゼット


押入れからクローゼットにリフォームするなら仕切りや可動式の棚を設けることをおすすめします。

そうすることで衣類だけでなく日用品などを収納することもできますよ。

たとえば可動棚の間隔を長くとれば掃除機や扇風機などの縦長な物も収納できて便利です。



ハンガーパイプには普段よく着る服を掛けます。

できるだけ丈をそろえて端から丈の長い服から順番に掛けていってだんだんと短くしていきましょう。

これがポイントで短い服の下に空間ができて無駄なく収納ができるスペースが生まれます。



上の棚部分はなかなか手の届きにくい場所なので普段はあまり着ないシーズンオフの服などを収納するといいですよ。

ここで注意してほしいポイントは高い位置にあるので衣装ケースを布製にしておけば取り出しやすいですよ。



下の空間にはたたんでしまえる衣類を衣装ケースに分けて収納しましょう。

ここでのポイントは衣類の種類を分けて収納してそれぞれのケースに中身が何なのかわかるように、

ラベルを貼っておくと取り出す時に一目でどこに何が入っているのか、わかるので便利ですよ。



クローゼットは無駄なスペースをできるだけ無くすことができれば様々な用途に応じた収納ができますよ。


では次回もお楽しみ。