地震に備えてブロック塀のチェックを


リノベーションはその後の管理が大切です。


快適な暮らしの為の我が家の維持管理方法やDIYリフォーム術、普段のチョットした生活の中の事などを様々な角度から情報発信しています。




今回は、地震に備えてブロック塀のチェックについてご紹介します。

大きな地震が起きた際に

倒壊したブロック塀などで怪我をする場合が多くあります。





一般的に、ブロック塀の寿命は30年程度と言われています。

しかし、薄いブロックの場合、寿命は短くなります。

また、施工不良の場合は10年も持たないこともあるので

定期的に点検をするのが大事です。





ブロック塀に、ひびが入っていないか、

塀が傾いたりしていないかなどを、

実際に目で見てチェックしましょう。





そして、ブロック塀の近くに人がいないことを確認してから、

両手で押してみてください。

もし、押した時にぐらつきがあると危険です。

地震が起きた後も、必ずチェックしてください。

少しでもひび割れ、傾き、ぐらつきなどがあれば、

すぐに業者に相談しましょう。




では次回もお楽しみに。