住まい給付金とは

住宅業界には様々な「補助制度」があります。

 

今回は、リフォームにも関係がある住まい給付金についてです。

 

中古住宅を住宅ローンを使って購入した場合には適用されます。

 

 

まだ、決まったわけではないのですが、「家づくり」においての景気対策として「住まい給付金」があります。

 

このブログでも書いているのですが、住まい給付金という制度は住宅取得者が住宅ローンを使って購入した場合に適用される制度です。

 

一番の目的は、住宅ローン減税拡大の効果が少ないと言われている、年収の少ない世帯を対象に設けられた制度で、年収に応じて給付される金額が違ってきます。

 

年収が多い世帯に関しては住宅ローン減税の効果が多いので、この給付金の支給は少なくなります。

 

それぞれの年収に応じて給付金の額は違います。

 

消費税8%では最大30万円、10%では50万円が給付されます。