快適住まいの防犯対策

 

リフォーム・リノベーションにおける快適な住まいの為の情報発信です。

 

今回は「防犯対策」です。

 

空き巣犯罪は、残念ながら一向に無くなる気配を見せません。

 

窃盗犯の侵入方法は、「ガラス破り」、「錠開け」、「錠破り」が多い、というデータがあります。

 

でも、「玄関がダメなら窓から」ということで、大胆にも窓から侵入する被害も多いんです。

 

窓ガラスが簡単に割られてしまう家は、「頭かくして尻かくさず」の状態。

 

ということは、玄関と窓の防犯対策が必要ですね。

 

その対策として、「ガラスに防犯フィルムを張る」「鍵を複数付ける」「サーチライトを設置する」など、できることはたくさんあります。

 

しかし、最初から防犯を意識した家づくりをすることも重要です。

 

プライバシーは、誰だって優先させたいものです。

 

「どんな家が狙われやすいのか?」を考えてみてください。

 

空き巣は、周囲からよく見える住まいを嫌います。

 

そんな泥棒の気持ちを知った上で、玄関や勝手口の位置、窓の配置など、住まいのつくり方を工夫してみましょう。

 

近所で、互いに気配り・目配りができる住まいづくりは、不審者の発見や火災予防などにも効果があります。

 

こうした配慮の積み重ねが、安全なまちづくりにつながります。

 

近所の防犯意識が高い中、対策が不十分な家は、窃盗犯に目をつけられてもおかしくありません。

 

 

「明日は我が身」という危機感を持って防犯対策を考えてください。