『耐震性を弱めるリフォーム』

 

『耐震性を弱めるリフォーム』についてお話しします。

 

 

増築したり、壁を取り除いて部屋を広くするなど、構造躯体に手を加える場合には結果として耐震性が低くなることがあります。

 

 

実際に、東日本大震災のような大きな震災では、そのような家が倒壊しています。

 

 

それを防ぐには、どうすればいいのでしょうか。

 

 

答えは、『構造計算をしてからリフォームすること』です。

 

 

構造計算とは、耐震診断のことです。

 

 

大工は現場のプロですが、耐震診断のプロではありません。

 

 

その昔は大工さんにすべてお任せでしたのですが、リフォーム時を含めて最近の老朽化した住宅への耐震化の波を受けて耐震診断は必須になりつつあります。

 

 

もちろん、中には耐震診断もできる大工もいるでしょうが、全員ができるわけではありません。

 

 

だから、彼らの経験や勘に任せるのは、じつは正しいことではないんです。

 

 

ということで、柱や壁など、家を支える部分に手を加える時は、必ず耐震診断をしてもらってください。

 

 

依頼する業者に、計算ができるスタッフがいない場合には外注することもできます。

 

 

また、そういったことを専門に取り扱っている設計事務所や工務店もいます。

 

 

設備の取り換えや、壁や床の張り替えなど、構造に手を加えない工事は、そこまで神経質になる必要はありません。

 

 

しかし最近の地震の多さを考えると、多少の経費や日数がかかっても、耐震性を低める危険は避けるべきだと思います。

 

 

また、各自治体でも耐震診断・耐震補強工事への助成金もありますので確認してみて下さい。