リフォームでも木材利用ポイントの変更

リフォームでも木材利用ポイントが変更になりました

2月末に木材利用ポイント事務局から発表された変更ルールに関して発表がありました。

 

注目するべきポイントがいくつかあるので、わかりやすく書いてみたいと思います。

 

無垢材などの自然素材リフォームでは、いい情報ですよね。

 

「内壁の木質化」について、今までは床と壁だけでしたが41日以降は「天井」も対象に含まれることになりましたので、リフォームの際のデザイン的にすごく自由度が上がったような気がします。

 

無垢材 珪藻土を使った自然素材リフォーム画像

 

一番注目するべきは、木材利用ポイントの利用期間が2014年3月末から、2014年930日まで期間が延長されたことです。

 

 

 

木材利用ポイントなのか、消費税の駆け込み需要なのかは分かりませんが、現状国産材の柱や土台・梁が現状では供給が追い付かないということからも、この制度の反響がうかがえますし、都内の木材市場では柱や土台が産地の山からまったく入荷がないので、困っているということをよく耳にします。

 

事実、国産材をメインにしているプレカット工場では、工場をフル稼働していても、プレカット材を納品するまでに2か月くらいはかかるということです。

 

 

 

追加ルールとしては、米国産「米松(ベイマツ)」をこの41日から追加対象地域材として認定されたことも大きな要因といえますね。

 

事実上米松(ベイマツ)の梁は、現状では梁の部材として普通に使われていますし、土手加藤でも地松(ジマツ)や国産杉の梁を化粧として使いたくても、防火地域で家づくりをしているのでそれは不可能なので梁は米松を標準で使っています。

 

 

 

木材利用ポイントを利用した工務店ならわかると思いますが、梁以外の柱や土台、間柱だけでは既定の数量に行かない場合があるので、米松(ベイマツ)梁が主要構造材として認定されたことによって、構造材に地域材を使った場合の利用ポイントが以前よりも格段に使いやすくなったと思います。

 

当然、合板を含めれば既定の数量にはいきますがね。

 

 

リフォームでも国産材が広く使われるといいですよね。