無垢材フローリング (青森ヒバ)

日本三大美林として「木曾ひのき」、「天然秋田すぎ」と並び数えられるのが青森ヒバで、本州中部以西にあるアスナロとは違い古くから社寺仏閣で使用されてきた。

 

心材と辺材の色の差はあまりなく淡黄色で、ヒバの最大の特徴に特有な芳香があげられる。

 

青森ヒバに含まれるヒノキチオールという成分はカビなどの多くの菌に対する抗菌性が認められていて、化粧品や食品や養毛剤の原材料にこの天然成分ヒノキチオールが使用されています。

 

住宅の土台などに使用されることが多い。

 

無垢材フローリング 青森ヒバ画像1
無垢材フローリング 青森ヒバ画像2

青森ヒバはひのき科のの木ですが、ひのきよりも柔らかく、藤原一族の平泉の中尊寺金色堂に使われていることでも有名です。

 

この平泉の中尊寺金色堂は建立から1000年以上たっています。この建物を支えているのが青森ヒバですのでいかに耐久性があるかがよく分かります。

 

 

無垢材フローリング 青森ヒバ画像3
無垢材フローリング 青森ヒバ画像4

リフォームの際に青森ヒバのフローリングを使って、安らぎの空間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

無垢材フローリング 青森ヒバ画像5
無垢材フローリング 青森ヒバ画像6