我が家のリフォームレシピ 「床1」

快適な住まいの為の我が家のリフォームレシピ

 

 

快適な住まいの為には、日ごろの維持管理はとても大切です!

 

リフォームする際に気を付ける点や、素人の方でもできる簡単なリフォームをご紹介しています。


 本日は床に関してですので、参考にしてみてください。

 

 

 

 

[[こんなときどうするの?…床1]]

 

 

 

今日は、「床が傾いている」場合についてお話ですが、

 

 

一般的に、傾きの許容範囲は1000mm分の3mmまでです。

 

新築で、この数値を超えていたら要注意です。

 

フラット35などでは1000分の6mmを超えると融資の対象外になります。

 

水平機などで判明した場合、改善するまでは引き渡しを受けてはいけません。

 

詳しくは、ここ(http://www.how.or.jp/sumai/check05.html)をご覧ください

 

 

さて、地盤の液状化や建物の劣化で床が傾いた場合、部分的な傾きなら、ある程度の補修はできます。

 

しかし、家全体の傾きの場合は、その原因が家なのか土地なのかを調べなければいけません。

 

傾きを放置しておくと、体調を崩すことがあります。

 

震災で液状化の被害に合った千葉県の方も、「体調を崩したが業者が手いっぱいで」と困っていらっしゃいました。

 

床の傾きは、放っておくとひどくなる場合があります。

 

早めにリフォームの検討してくださいね。