我が家のリフォームレシピ 「引き違い戸4」

快適な住まいの為の我が家のリフォームレシピ

 

 

快適な住まいの為には、日ごろの維持管理はとても大切です!

 

リフォームする際に気を付ける点や、素人の方でもできる簡単なリフォームをご紹介しています。


今回も引き違い戸に関してですので、参考にしてみてください。

 

[[こんなときどうするの?…引き違い戸4]]

 

 

本日は、「引き違い戸が開閉しにくい場合」はどうすればいい・・・パート2 です。

 

今日は、[窓の錠がかかりにくい場合]についてお話しします。

 

今回は割と原因ははっきりしてます。

 

「クレセント」ってわかりますか?

 

 上下に動かして鍵を開閉するためについているもので、

 

この「クレセント」を半分くらい回すと、ねじカバーがはずれます。

 

 外したら、付いているねじを緩めて「クレセント」を上下に動かしてみてください。

 

きちんと閉まる位置を確認できたら、ねじを締めます。

 

 これで終わりです。

 

 よく使うクレセントは意外と緩みやすいので、この事を知っておくと意外と便利です。

 

 ただし、それでも直らないこともあるんです。

 

その原因として、アルミ枠や柱の歪みや変形が考えられます。

 

 こうなると素人では手に負えませんので、工務店に頼むようにしましょうね。