台東区M邸 屋上防水リフォーム3

台東区 屋上防水リフォーム。

 

表面清掃、コーキングまで終わり、防水材を塗布するためにもう少し下準備が必要です。

 

目地と目地の交差部分に、ステンレス製の脱気筒を取り付けます。

 

この脱気筒の役割は、雨により外壁や屋根に入り込んだ湿気が下地に浸入して防水層との間で水蒸気が発生し、水から水蒸気に代わる時に体積が増えて膨張します。この膨張した水蒸気は排気する場所がないと防水層で膨らんでしまい、やがて破裂(パンク)してしまいます。防水層で発生した水蒸気を抜く役割が脱気筒で大変重要な役割があります。

 

台東区 屋上防水リフォーム画像1
台東区 屋上防水リフォーム画像2

通常は陸屋根のアスファルトとアスファルトとの間、つなぎ目のゴム製目地の交換をしますが、今回はその工程を省く代わりに、劣化した目地の上に特殊な素材の伸縮目地テープを取り付けます。

 

この目地テープの役割は、地震などで建物が揺れる際に防水層が目地部分で破断して切れるのを防ぐためです。

 

台東区 屋上防水リフォーム画像3
台東区 屋上防水リフォーム画像4

この伸縮目地テープの上から、防水材を塗布します。

 

これで、防水材を塗布する下準備は完了です。

 

屋上防水リフォーム完了まであと少しです。

 

 

台東区 屋上防水リフォーム画像5