知っておくと便利! サッシと網戸のお手入れ

我が家のリフォームレシピ

サッシのお手入れ画像

サッシと網戸のお手入れ方法

 

リフォームする前に知っておくと便利で、かつ自分でできるリフォーム活用術です。

ぜひ参考にしてみてください。

 

窓は、汚れがつきやすく目立つところです。

 

ガラスが曇っていたり、レールに砂やゴミがたまっているととても気になりますし、レールの汚れは窓や網戸のスムーズな開閉の障害になることもよくあります。

 

キチンと維持管理することで部屋も明るく、見える景色も違ってきますので、手軽にキレイにキープできるお手入れ方法をご紹介します。

 

< サッシ >

ポイントは、窓磨きは曇りの日にするのがベスト。晴れの日だと、水や洗剤が乾きやすく跡が残りやすくなるので注意です。

 

( 窓ガラス )

★軽い汚れなら新聞紙で

丸めた新聞紙を水で濡らせて、まず外側をクルクルと拭き、水分が残っているうちに乾いた新聞紙で乾拭きします。内側も同様にしてください。新聞紙のインクには洗剤やワックスの効果もあるんです。

 

★汚れがひどいときはガラス用洗剤

まず初めにゆるめに絞った布でざっと汚れを拭き取ります。その後に、ガラス用洗剤をスプレーして、少し置いてから乾いた布で拭き取るようにしてください。

 

 

( サッシ枠・レール )

★こまめにホコリ取りを

軽い汚れは、室内用ホコリ取りで、ホコリや汚れを拭き取ります。

汚れが目立つ場合は薄めた中性洗剤を使って汚れを拭き取り、洗剤をきれいに水拭きして、乾拭きをして仕上げます。

 

★レールは掃除機で

はず初めにレールの溝にたまったホコリや砂、ゴミをサッシブラシで掃き出して、先端に細口ノズルを付けた掃除機で吸い取ります。

レールの溝や、水拭きなどの溝は割り箸や竹串を使いかき出すようにします。

仕上げは、布で拭き取るときれいになりますよ。

 

< 網戸 >

ポイントは網戸はたわんだり、損傷しないようにあまり力を入れないのがコツです!

 

★普段のお手入れは床用シートが便利

シート状の床用フロアモップにドライシートを付けて、網戸の目に沿って軽く拭き、その後ウェットシートでさらに拭きます。

片面が終わったら、もう片面も同じように拭きます。

 

★たまったホコリは掃除機+新聞紙で

網目にホコリがたまっている場合は、ブラシでホコリを浮かせてから掃除機で吸い取ります。網戸の裏面に新聞紙をテープで張り付けてから表側から掃除機で吸い取ると、吸引力が増し、汚れ落ちが良くなります。

それでも落ちないしつこい汚れは、薄めた中性洗剤をスポンジに含ませて、ゆるめに絞り網目がのびないようにこすり洗い。

その後は水拭きをして、乾拭きをして終わりです。

 

★汚れがひどいときは丸洗い

取りまずせる場合には外して丸洗いをします。

網戸を外す場合には、サッシ上部にあるネジをゆるめて、外れ止めを下げた後、網戸を持ち上げて下のレール、上のレールの順に外します。

中性洗剤を薄めた液をブラシやスポンジに含ませて、目に沿って軽くこすり洗いし、その後ホースで水をかけて丁寧にすすぎ洗いします。

しっかり乾かしてから元に戻して完了です。