我が家のリフォームレシピ 「引き違い戸2」

快適な住まいの為の我が家のリフォームレシピ

 

9月に入りまだまだ暑い日が続いています。

もういいかげん猛暑はないかと油断していましたが、先週末は東京は37度でした。いやー、まいりました・・・。

それでも、体調管理をしてがんばりましょー!

 

快適な住まいの為には、日ごろの維持管理はとても大切です!

 

リフォームする際に気を付ける点や、素人の方でもできる簡単なリフォームをご紹介しています。

 

[[こんなときどうするの?…引き違い戸2]]



 

今日のブログのテーマは、前回にひきつづき「引き違い戸が開閉しにくい場合 2」についてお話しします。

 


今日は「窓の錠がかかりにくい場合」に関してお話しします。


 

クレセント(上下に動かして鍵を開閉するアレです わかりますか?)を半分くらい回すと、ねじカバーがはずれます。


 

これを外したら、「ねじ」を緩めてクレセントを上下に動かします。


 

きちんと閉まる位置を確認したら「ねじ」を締めます。


 

割と簡単でしょ?


 

よく使うクレセントは緩みやすいので、これを知っておくと便利です。


 

ただ、調整しても直らないこともあるんですよ。


 

原因としては、枠や柱の変形が考えられます。

 

 

柱などの場合には、本格的なリフォームになりますので、きちんとした対応が必要になります。


 

その時は、土手加藤リフォームに相談してくださいね。