渋谷区区 耐震診断・耐震補強 助成金情報


渋谷区の助成金概要です。

この助成金を活用してリフォームをすれば、リフォーム費用を抑えることができて、かつ安心・安全な住まいにすることができます。

 


文京区耐震診断・耐震補強助成金概要

 

渋谷区では、区の木造住宅耐震診断コンサルタント派遣による耐震診断の結果が、上部構造評点1.0未満の場合は、耐震改修工事に必要な費用の一部を助成しています。 

 

 

文京区耐震助成金額
文京区耐震診断
世田谷区耐震診断助成金

 

渋谷区の無料耐震診断(耐震診断)コンサルタント派遣を受ける。

 

助成金の要件

 

申請者(助成を受けたい人)が建物を所有する個人で、その建物に居住していること

耐震補強設計は耐震補強工事と一緒に助成しています。

 

耐震補強工事に関しては、「一般」と「簡易」とに分けられていて、それぞれに高齢者が住む世帯に関しては助成金額が割増されています。

 

●一般改修
(改修後の構造評点を1.0以上にする工事で、一応倒壊しないレベルにする工事)

渋谷区耐震補強工事助成金

 

・耐震改修工事費用の1/2 限度額100万円

 

渋谷区 耐震補強工事 高齢者助成金

 

・工事費用等が50万円を超えたときは、50万円を超えた額の2/3を加

 えた額  限度額150万円

 

・工事費用等が50万円以内は全額助成

 

●簡易改修
(改修後の構造評点を1階だけを1.0以上にする工事)

簡易耐震補強工事 助成金

 

・工事費用の1/2 限度額60万円

 

簡易耐震補強工事助成金

 

・工事費用等が50万円を超えたときは、50万円を超えた額の2/3を加えた額  

 限度額100万円

 

・工事費用等が50万円以内は全額助成

 

高齢者とは対象建物の所有者が65歳以上の場合

 

助成金の要件

 

区の無料耐震診断(耐震診断)コンサルタント派遣を受けた結果、構造評点が1.0未満であった建築物であること

  • 申請者(助成を受けたい人)が建物を所有する個人で、その建物に居住していること
  • 申請者が工事を発注すること
  • 借地に建っている建物の場合は、工事について土地の所有者が同意していること
  • 区の耐震診断コンサルタントが耐震設計及び耐震化工事の工事監理を行うこと
  • これまで区の耐震関係の助成金の交付を受けていない建物であること

 


 

渋谷区の耐震診断 耐震補強工事の詳しい内容は、

 

< 渋谷区 木造住宅耐震改修助成 >

 

をご覧ください。

 

耐震診断の申し込み

1戸建て住宅耐震リフォームの施工事例は下の画像をクリック

耐震リフォーム画像
耐震リフォーム施工例画像