江東区 耐震診断・耐震補強 助成金情報


江東区の助成金概要です。

この助成金を活用してリフォームをすれば、リフォーム費用を抑えることができて、かつ安心・安全な住まいにすることができます。

 


文京区耐震診断・耐震補強助成金概要

 

建築物の耐震化は、そこにお住まいの方の生命を守るだけでなく、建物の倒壊によって道路が塞がれ避難や救助の妨げとならないように、災害時の安全性の確保につながります。個々の建築物の耐震性を高めることが、地域の防災性を向上させ、安全なまちづくりを推進することになります。
 

江東区では、地震による建物倒壊等を心配されている区民のみなさんの不安を解消し、耐震診断及び耐震改修の促進を図り、地震に強いまちづくりを進めていくことを目的に「木造住宅耐震診断・耐震補強助成事業」を実施していますので、是非ご利用ください。

 

文京区耐震助成金額
文京区耐震診断

無料木造住宅耐震診断(一次診断)

 

この事業は、江東区が委託する診断機関((一般社団法人)東京都建築士事務所協会江東支部)が選任し、区に登録した木造住宅耐震診断士を無料で派遣し、木造住宅の耐震診断(一次診断)を実施するものです。

江東区耐震診断助成金

 

 木造住宅耐震診断士を無料で派遣

 

助成金の要件

診断士を派遣する対象建物は、江東区内にある次の要件をすべて満たす建築物です。

 

①1戸建ての住宅(併用住宅も含む)
 ※住宅以外の用途がある場合は、住宅部分の床面積の合計が延べ面積の1/

 2以上であること

②在来軸組工法による木造の平屋建て又は2階建ての建築物

③昭和56年5月31日以前に建築された建築物

④当該住宅に所有者が居住していること
 既にこの「無料木造住宅耐震診断」による耐震診断を実施した建築物でない

 こと(この制度は、1住宅1回限りとします。)

 

文京区耐震補強設計

区が実施する無料木造住宅耐震診断(一次診断)の結果、耐震性に問題があることが判明した場合には、耐震補強工事の検討をお願いいたします。

そのためには、更に詳しい二次診断(精密診断)を実施し、補強計画による耐震補強工事を行うことが必要になります。

この事業は、二次診断・補強計画及び耐震補強工事の費用の一部を区が助成するものです。

江東区耐震補強設計助成金

 

二次診断及び補強計画に要した費用の合計額 1/1 (限度額10万円)

 

 

助成対象建築物は、区の無料木造住宅耐震診断(一次診断)の結果、耐震改修が必要と診断された住宅で、次の要件をすべて満たすもの。
  ・建築確認があるもの
  ・建築基準法に違反していないもの
(1)助成対象となる二次診断・補強計画は次の要件をすべて満たすもの。
  ・区が委託した診断機関に属し、区に登録した診断士が実施するもの。
  ・「木造住宅の耐震診断と補強方法」(平成16年7月(財)日本建築防
   災協会発行)に基づく精密診断法(時刻歴応答計算によるものを除
   く。)による耐震診断であること

 

区が実施する無料木造住宅耐震診断(一次診断)の結果、耐震性に問題があることが判明した場合には、耐震補強工事の検討をお願いいたします。

そのためには、更に詳しい二次診断(精密診断)を実施し、補強計画による耐震補強工事を行うことが必要になります。

この事業は、二次診断・補強計画及び耐震補強工事の費用の一部を区が助成するものです。

江東区耐震補強工事助成金

 

耐震補強工事に要した費用の1/2 (限度額150万円)

 

 

助成対象建築物は、区の無料木造住宅耐震診断(一次診断)の結果、耐震改修が必要と診断された住宅で、次の要件をすべて満たすもの。
  ・建築確認があるもの
  ・建築基準法に違反していないもの

(2)助成対象となる耐震補強工事は次の要件をすべて満たすもの。
   ・上記(1)の補強計画に基づく耐震補強工事であること
   ・二次診断による上部構造耐力の評価が評点(以下「評点」といいま

    す。)1.0未満の住宅の全部
    を評点1.0以上とするもの。
   ・原則として江東区内の事業者が施工するもの


 

江東区耐震診断・耐震補強工事助成金に関する詳しい内容は、

 

< 江東区 木造住宅耐震診断・耐震補強助成事業 >

 

をご覧ください。

 

耐震診断の申し込み

1戸建て住宅耐震リフォームの施工事例は下の画像をクリック

耐震リフォーム画像
耐震リフォーム施工例画像