世田谷区 耐震診断・耐震補強 助成金情報


世田谷区の助成金概要です。

この助成金を活用してリフォームをすれば、リフォーム費用を抑えることができて、かつ安心・安全な住まいにすることができます。

 


文京区耐震診断・耐震補強助成金概要

 

世田谷区では耐震診断・補強設計・耐震補強工事助成をしています。

いずれも昭和56年5月31日以前に着工した建築物が対象です。
  

 

文京区耐震助成金額
文京区耐震診断
世田谷区耐震診断助成金

 

昭和56年5月31日以前に着工した木造住宅に対して、世田谷区に登録している耐震診断士を無料で派遣してます。

 

 

助成金の要件

 

〈対象〉
以下のいずれにもあてはまる区内にある住宅です。


●昭和56年5月31日までに着工し、56年6月以降に増築をしてないこと
●平屋建てもしくは地上2階建ての木造在来工法によること(平面的混構造を

 除く)
●戸建て住宅、長屋建て住宅、共同住宅または店舗等併用住宅のいずれかであ

 ること


昭和56年5月31日以前に着工した木造住宅に対して、耐震改修設計や耐震改修工事の助成制度があります。

 

世田谷区耐震補強設計助成金

 

耐震改修設計(30万円を限度)

 

助成金の要件

 

〈対象〉
主に以下の全てにあてはまること


●昭和56年5月31日までに着工し、56年6月以降に増築をしてないこと
●平屋建てもしくは地上2階建ての木造在来工法によること(平面的混構造を除く)
●戸建て住宅、長屋建て住宅、共同住宅または店舗等併用住宅のいずれかであること
●区民税を滞納していないこと
●耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と判定された住宅
●個人所有であること
※この外にも助成条件や地域要件があります。

 

 

耐震改修工事と簡易耐震改修工事(1階部分のみ)の助成金があります。

 

世田谷区耐震改修工事助成金

 

耐震補強工事(100万円を限度、設計助成の額を除く)

 

<特記事項>
平成26年度中に完了する上記2の耐震改修工事には、1棟あたり30万円の上乗せがあります。
(例)木造住宅1棟の上限助成額100万円→130万円

世田谷区簡易耐震改修工事助成金

 

簡易耐震補強工事(80万円を限度、設計助成の額を除く)※1階のみの耐震補強工事

 

助成金の要件

 

〈対象〉
主に以下の全てにあてはまること


●昭和56年5月31日までに着工し、56年6月以降に増築をしてないこと
●平屋建てもしくは地上2階建ての木造在来工法によること(平面的混構造を

 除く)
●戸建て住宅、長屋建て住宅、共同住宅または店舗等併用住宅のいずれかであ

 ること
●区民税を滞納していないこと
●耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と判定された住宅
●個人所有であること

 

※この外にも助成条件や地域要件があります。

 

 


 

世田谷区耐震診断・耐震補強工事助成金に関する詳しい内容は、

 

< 世田谷区 耐震診断・耐震補強工事助成金 >

 

をご覧ください。

 

耐震診断の申し込み

1戸建て住宅耐震リフォームの施工事例は下の画像をクリック

耐震リフォーム画像
耐震リフォーム施工例画像