リノベーションに対する考え


スクラップ&ビルドを繰り返してきた日本においても、住まいをきちんと定期的に手入れをして、長く暮らせるようにするという考え方が広まってきました。

 

先進国と比較してみても、アメリカでは住宅の平均寿命は44年、イギリスでは75年であるのに対して、我が国日本では平均26年という結果が報告されています。[平成8年建設白書より]

 

産業廃棄物や資源問題など環境問題の観点からも、このような考え方は徐々に広がっていくものと考えられます。

 

当然、暮らしのリノベーションということは、長年住んでいればあるわけですが、このリノベーションの考え方が少し違ってきているようです。

私達が暮らしている住宅は、時間と共にあらゆる部位が傷んできます。使用頻度が最も多い水廻り設備機器や自然環境からの影響を受ける屋根、外壁などは定期的な維持管理の面からリノベーションが必要になります。

 

または、環境の変化によるリノベーションの必要性もあります。例えば、結婚をして子供ができたので、家族の生活に合わせた間取りの変更や、子供たちが独立して夫婦だけの生活になり、1階のリビングに生活の動線を集中させるなど。または、子供部屋を奥様の趣味の為の仕様にするなどがあります。思い切って、減築して使いやすくコンパクトにするという提案も考えられます。この場合の費用対効果の議論はありますけどね。

 

国も、このような積極的な住宅の維持管理を後押しする政策に間違いなく切り替わってきています。お施主様にとっても、家が長持ちすることはきっと歓迎されるはずです。維持管理とはすなわち、定期的な住宅のリノベーションということです。

 

今までのように古くなったからリノベーションという事もありますが、老朽化してきたからしかたなくリノベーションをするという発想ではないようです。

リノベーションを定期的に行うことにより、住宅を長持ちさせるという傾向は今後広がると考えられますが、日本には全国で2700万個の一戸建て住宅があると言われています。このうち、居住世帯がある住宅の約4割は昭和56年以前の建物で耐震性に劣った住宅であると言われています。つまり、現状1000万戸以上の既存不適格住宅があるというわけです。

 

木造住宅は、耐震性を確保して、換気をキチンとすればまだまだその役割は終わらないと確信しています。

当然、土台や柱など腐朽している部位に関しては交換する必要がありますが、それらも含めたトータルリノベーションにより木造住宅は蘇ります。

 

土手加藤材木店のリノベーションは、一戸建て住宅の場合のリノベーションに関しては、皆様の快適な暮らしのリノベーションのご提案と共に、昭和56年以前の建物に関しては、耐震リノベーションを積極的に取り入れていただくようにお施主様にご説明しています。耐震リノベーションをすることで、その住宅は新たに生まれ変わるといっても過言ではないです。

 

古くなった住宅はそこで暮らした方々の家族の成長や思い出がたくさん詰まっています。土手加藤材木店の家づくりの基本コンセプトである「受け継がれる家づくり」は、老朽化した住宅をリノベーションにより生まれ変わらせるという事にもつながっています。

 

思い出がたくさん詰まった家だからこそ、リノベーションで甦らせるためのご提案をさせていただきます。