お風呂の窓のブラインド


お風呂に窓があると、換気が簡単で便利ですよね。

ただ、外からの視線がどうしても気になります。

スリガラスでも体の輪郭が見えてしまうので、

気になりますよね。





そんなときは、

お風呂の窓にブラインドをつけてみませんか。

その場合、サビ防止のために、

必ず浴室専用のもの選んでください。





ただ、ブラインドは掃除が大変ですよね。

その時はガラスの間にブラインドが入っているタイプの、

ブラインドサッシが便利です。





ブラインドサッシは、遮熱効果や光と視線のコントロール、

掃除が不要なことなど、なにかと便利です。

断熱性を高めたい場合はLow-E複層ガラスタイプにするといいですよ。





では次回もお楽しみに。


床下の異臭には気をつけてください


今回は、床下についてご紹介します。

昔の家の床下は隙間が大きく、

子供でも簡単に潜れたものでした。

しかし、今は人が潜れない床下が多いので、

なかなか床下をチェックするのは難しいです。





そんな時は、床下点検口から目視できる範囲を、

懐中電灯を使ってチェックしましょう。

ちなみに、床下収納のケースを持ち上げたときにできる空間が、

床下点検口です。





実際にチェックしてみて、

水漏れの跡やカビが発生していたり、異臭がしている場合は、

早めに施工業者か専門業者に点検を頼んでください。

特に異臭がするのは重大な不具合が起きているかもしれないので、

床下の異臭には気をつけてくださいね。





では次回もお楽しみに。


排水管の詰まりにご注意


今回は住まいの排水管についてご紹介します。

排水管で最も怖いのは詰まりです。





1年に1回程度でいいので、

家じゅうの排水口にバケツに溜めた水を、

一度に流してちゃんと排水しているか確認しましょう。





以前より排水の流れが遅く感じたり、

排水中にゴボゴボと音がしている場合は、

注意が必要です。

また、排水口の周りや床下から悪臭がしていないかも、

確認しましょう。





もし確認して「おかしいな?」と思ったら、

できるだけ早いうちに、

専門業者に連絡して点検をしてもらいましょう。





では次回もお楽しみに。


住まいの給水管


今回は、給水管についてご紹介します。

給水管の寿命は管の種類や使用条件によって異なりますが、

だいたい15年から30年程度とされています。





住まいの傷みだけではなく健康にも関わることですから、

15年を目安に水質のチェックや配管内の点検を依頼しましょう。

給水管の管理義務は家の所有者にあるので、

早めのケアで給水管の寿命を延ばしてあげてください。





また、給水管の洗浄にはいくつかの方法があり、

費用や工期もさまざまです。

薬品を使う方法もあれば、

水と空気だけで洗浄する方法もあります。





皆さんの地域でも業者によって

洗浄方法が異なるかもしれません。

いくつか業者を尋ねてみて、

納得できる方法を選んでください。





では次回もお楽しみに。


分電盤のチェックを


今回は分電盤についてご紹介します。

電気を使いすぎた時にブレーカーが落ちて、

電気が止まってしまうことがありますよね。

そのブレーカーが収められているのが分電盤です。





分電盤の中には、漏電した場合に、

素早く電気を遮断する漏電ブレーカーもあります。

それ以外にも電力会社によっては、

契約内容に応じたブレーカーもあるので、

皆さんの家の分電盤がどうなっているのか、

一度チェックしてみてください。






分電盤は年数が経つにつれ劣化していきます。

変な音がしたり、焦げた跡や変形があった場合は注意が必要です。

その時は、すぐに電力会社に点検をお願いしましょう。





では次回もお楽しみに。