引き続き壁下地です


昨日とは打って変わってとてもいいお天気です。

台東区のマンションリノベーション現場レポートです。

今回も引き続き壁下地の作業です。

お客様が寝室にクローゼットが欲しいというご希望があったので

寝室にも壁下地を作っています。


続きを読む

壁下地と間仕切り壁を施工


今日は朝から雪が降っていたのですが

今はもう雨に変わり、積らなくて一安心です。

そんな中、台東区の中古マンションリノベーションの現場レポートです。

解体撤去作業が終わって、今は壁下地の工事を行っています。

前回の現場レポートで紹介した押入れの部分に下地を作っていきます。

この部分は新しくクローゼットになります。

寒い中、大工さんが頑張っています。


続きを読む

パナソニックショールームで水廻り打ち合わせ


昨日はお客様と水廻りの打ち合わせをするために、

汐留にあるパナソニックのショールームにて打ち合わせをしてきました。

ここのショールームは弊社からもアクセスがいいので、

新築やリノベーションの際にキッチンなどの仕様を決める為に利用しています。


続きを読む

解体撤去作業


台東区の中古マンションリノベーション

まず最初に解体撤去作業を行います。

大工さんが古い前のキッチンや畳などを解体し撤去しています。

これを終えてからリノベーションを進めていきます。


続きを読む

給湯器について


リノベーションはその後の管理が大切です。


快適な暮らしの為の我が家の維持管理方法やDIYリフォーム術、普段のチョットした生活の中の事などを様々な角度から情報発信しています。



[[こんなときはどうすればいいの?・・・キッチン4]]



今回は給湯器について書きます。



リノベーションをするときに屋外給湯器を設置する場合に

その設置する場所に迷うことがあります。

特に、キッチンと浴室が離れていればなおさらではないでしょうか。




例えば、浴室の近くに設置すれば、湯張りをしている間にキッチンのお湯の出る量が減ったり

洗い物が終わった頃に暖かいお湯が出たりと、何かと不便を感じることも少なくはないはずです。

ですから水回りが離れている場合はどんな給湯器をどこに設置するのか、

慎重に決めましょうね。




それでは次回もおたのしみに。